You are here: Home > >

離婚裁判における親権の行方

一般的に、子供がいる夫婦が円満な離婚の合意に至った場合は、親権は母親が持つことになります。父親は、子供が20歳になるで養育費を母親側に支払う義務を負います。円満離婚の場合は、母親が親権を有しながら、取り決めによって父親が子供に会うことが許されます。また、円満の離婚であれば、家族で合って一緒に家族の時間を過ごすと言うことも可能かもしれません。ただ、問題は、母親に問題がある場合は、親権について法的に争う可能性が高くなります。

例えば、母親がアルコール中毒や育児放棄、また母親が不貞行為の原因となった場合には、父親が親権を持つことの可能性が高くなります。ただ、この場合には、家庭裁判所で調停を行うか、または、調停が上手くいかない場合は、親権をめぐって裁判を行うことになります。裁判によって母親の元に子供を置いておくことが、子供の健全な発育上、好ましくないと判断されれば、父親が子供に対して養育義務を負うことになります。ただ、母親が親として不適格であることを立証しなければなりません。

母親側としても、父親からの養育費を目当てに親権を主張するケースは少なくありません。そのため、父親と母親の間で親権をめぐって法的な争いごとに発展するのです。母親が不貞行為を繰り返した結果、離婚に至った場合には、父親が親権を持つ可能性が高くなります。子供が女児の場合、血のつながりの無い成人男性との生活を共にすることが、不健全であると考えられることがあるからです。子供がいる場合の離婚は、親権争いに発展し易いです。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans